So-net無料ブログ作成

パリ好きアメリカ人おすすめのレストランって? [パリ]









最後にフランスにいったのは、2009年。フランス好き、いやパリ好きというのは私を含め、世界中にいて、パリジャンやパリジェンヌになりたい人もたくさんいます。



アメリカ人にもパリ・ラバーが多いようで、私はI Prefer Parisというパリ在住のアメリカ人男性のブログを購読しています。先日、パリのガイド本の著者のインタビューがアップされました。なかなか、辛口なレストラン評がのっていたので、抜粋翻訳しました。

インタビューされたのは、1984年に「Food Lover's Guide to Paris」を刊行したパトリシア・ウェルズさん(66歳)。





Q:パリに移り住んだ当時(1980年)と現在ではパリの飲食業界に変化がありましたか?



パトリシア・ウェルズ(以下、P):いい変化は・・・

☆レストランが年中無休になった

☆若いシェフが18区の中心ではなく外側で、オリジナルなメニューを手ごろな価格で提供するようになった

☆全体に気軽な雰囲気のレストランが多くなった



悪い変化は・・・

★ブロガーによる若いシェフへの称賛コメント。実際はオリジナルでもなく、素晴らしくもないことが多い

★いいブラッスリーがなくなった。残っているのはいただけない店ばかり

★マスコミが盛り上げるせいで、一夜でシェフがスターになる



Q:高級、カジュアル両ジャンルでコスパのいいレストランを教えてください。



P:カジュアルレストランなら「La Table Eugene」と「Philou」。高級なレストランなら「Guy Savoy」と「Astrance」のランチ。



Q:人気のレストランで過大評価されていると思うところはありますか?その理由は?



P:「Frenchie」と「Arpege」。Frenchieは何週間も前に予約したのに、6月と12月で同じメニューでした。サバのスモークとリー・ド・ヴォー。どちらもまずかったわけではないけれど、「新鮮、地元、旬の味」とはとても思えなかったです。サービスはひどいわね。夜は真っ暗で、何を食べているかわからないのです。



Arpegeは、7月に行ったときに堪忍袋の緒が切れました。トマトと夏野菜が真っ盛りの頃ですが、ランチに出たのは人参、ビーツ、カブ、たまねぎだけと言ってよかった。本物の料理とは言えないわね。




Q:ジョエル・ロビュションと一緒に料理書をつくったときのことを教えてください。



P:天国にいる気分でした。何年間も私は8区にある自宅から、16区の彼のレストラン「Jamin」まで、30分かけて歩いて通ったものです。午前中はノートとペンを手に、たくさんの質問を用意して、なんでも応えてくれる料理人たちと過ごしました。レシピの編集が始まると、料理人たちはすべての材料の計量をする。私と話し合って、それから料理をする。印象的だったのは、キッチンの雰囲気です。料理人たちは互いに信頼感を持ち、彼らもジョエルも料理にすべてを注いでいる、そんな空気がありました。彼らは常に、常に謙虚なのです。



Q:本を書くほかに、料理教室でも成功を収めていますね。



P:料理教室は1995年にプロヴァンスで始め、1997年にパリでも始めました。当時は人々の反応を見たり、私がどれだけ教室に熱意をもてるかの実験の場でした。結果は上々。自分の経験や知識を分かち合うのは素晴らしいことです。教室を通じて、それまで知りえなかった人々と友達になることができました。



Q:もし誰かのためにディナーを用意するなら、それは誰で、どんなメニューになるでしょう? 場所はパリのアパルトマンですか? プロバンスの家ですか?



P:飲食業界に身を置かない人に料理したいですね。たとえば、俳優のマット・デーモンやシンガーのステーシー・ケント、そしてもちろんバラク・オバマやビル・クリントン。場所はプロバンスで、樫の木の下とか。



Q:今、執筆中の本はありますか?



P:ええ、次の本「Cooking with Patricia:フランスの2つの台所から学んだライフスタイル」を執筆中です。フランス内の2か所で行っている料理教室をベースに、レシピと美しい写真、料理のコツを詰め込みました。



Q:パリのどこが好きですか?



P:美です。一にも二にも美しさです。




nice!(0) 

すごいレトルトで、インドカレー大会! [料理]








日本語が書かれていないのは、どちらのカレーも同じだけれど、
上はニューヨークのクイーンズにあるインド人街で買った
エッグカレーとバターチキンカレーの素。
下は本格的すぎるメイドインジャパンのレトルトカレー。
高い! でも、それはそれはおいしい!


詳しくは「dancyu8月号 カレー特集」P90を見てみて♪
にしきや
の北インドカレー、南インドカレーシリーズは
これからますます充実するそうです。
どれもおいしいけれど、マトンカレーはなかなか自分では作れないので、
かなり嬉しい商品です。
そうそう、このシリーズには温めてすぐ食べられるタイプと、
好きな具を入れてひと手間加えるソースタイプがあり、
さらには、作った感を味わえるスパイスセットも発売予定です。





で、なりきりインドカレー大会開催しました。
チャパティとナンを焼き、
豆を入れた「チャナマサラ」、
ココナッツのコクがたまらない「ココナッツチキンカレー」、
ゆで卵を入れた「エッグカレー」、
辛ささわやか「マトンカレー」。





アメリカで買った「エッグカレーの素」の
どうにもなんか足りない味をフォローしてくれたのが、
dancyuのS嬢からインドのお土産にいただいた
パパイヤ&オレンジチャツネです。
チャツネの本来の力を知った! 
アメリカーンな頼りない味に、本場のコクが出た!





詳しい情報はこちら!
P90 でカレーの伝道師、渡辺玲さんに取材することができました。
一度は、渡辺さんのカレー講座に出たいと思いました。

カレーの季節、必携のダンチュウ! 買ってね♪


nice!(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。