So-net無料ブログ作成

おいしい映画発見!「トースト」・・・英料理家ナイジェル・スレーターの驚きの(笑)半生 [映画]

515U7k0dDyL._SL250_[1].jpg

ブログ更新が著しく遅くなっています。忙しいというより、仕事の能率が落ちているというか、なんでも年のせいにしたくなるというか…

おかげで月に4枚送られてくるDISCAS TSUTAYAのDVDがなかなか見れず、繰り越しはふえるばかり。この「トースト」という映画もどんな映画だったのか、なぜ借りたのかまったくわからず。ヘレナ・ボナム・カーターが出てくるから、借りたんだろうなと見始めました。まったく、前情報なしに見ると、最初はわりと退屈。

料理下手の母親の唯一の得意料理はトースト。母亡き後、父親の愛情をひとりじめする料理上手の継母に対抗し、 料理に目覚めるナイジェルくん。「ナイジェル・スレーターって、なんか聞いたことある」と思ったら、料理本を持っていました。

RIMG2721 (601x800).jpg

料理本には見えない、黄色いビニールのカバー。「サースト」という喉の渇きというタイトルも思わせぶり。

RIMG2722 (800x602).jpg 

実はジュースレシピの本なのだが、写真も、タイポグラフィーもとてもステキなので買ったようです。ちょっと風変わりな料理本の作者はやっぱり風変わり。主役のナイジェルを演じたのは「チャーリーのチョコレート工場」に主演した男の子。えー、ナイジェルさん、そちらがお好みなのね[揺れるハート]という、思いがけないエピソードも盛り込まれていますが、やっぱり最大の魅力は出てくる料理やお菓子です。1970年代のイギリスで、「スパゲティ・ボロネーズ」 にあこがれるナイジェルには、大いに共感しました。そして、メレンゲがふんわりのったレモンパイ!

MV5BMjAxNTIzMjA2NF5BMl5BanBnXkFtZTcwNDQ5ODIxNw@@._V1._SY317_[1].jpg

日本版、海外版の宣伝ポスター、どちらもおいしそう。きっと、これに惹かれて借りたんだろうな。ヘレナ・ボナム・カーターもいい味出してます。「まずい」と言われ続けたイギリスの料理、この人の誕生くらいから、どんどんおしゃれで、おいしくなってきたのかもしれません。パイが食べたくなります!


nice!(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。