So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

杉野英実シェフ登場! [スイーツ]




第7号を迎えた、ヨーロッパの製菓専門誌「so good」。
パティスリー業界の最先端を知ることができます。

私が紹介する6人目の日本人シェフは大御所。
「イデミ スギノ」の杉野英実シェフです。





大御所のイメージが先行して、正直、初めてのインタビューをうまく進められるか心配でしたが、この笑顔の通り、本当にお菓子づくりの大好きな、やんちゃな男の子(失礼ですが…)のようで、4時間のインタビューもあっという間でした。


「アンブロワジー」「タルトレット・オ・キャラメル」「イザベル」など、
素材のおいしさがぎゅーっと凝縮したケーキは、やはり感動ものです。
レシピもご紹介いただきました!





今回もアルノー・ラエール、パン・ド・シュークルなど、日本でも有名なパティシエのインタビューが載っている「so good」ですが、残念ながら日本で買えません。でも、欲しい方がいましたら、取り寄せることは可能なのでご希望の方はご連絡ください(reikomatsuno@sogoodmagazine.com)。

nice!(1) 

Tea! Tea! Tea! お茶をたくさんいただきました! [スイーツ]







ロンドンみやげの「DRURY TEA & COFFEE」のダージリン(Yojiさん、メルシー)
パリみやげの「ERIC BUR」と、「The Coffee Bean & Tea Leaf」のチャイ(Mamiさん、メルシー)

クリスマスシーズンにいただいた「Harney & Sons」のホリデーティー(Sugibuchiさん、ありがとぅー)

それから、成城石井で自分にプレゼントした「PUKKA(パッカ)」のその名も“LOVE”ティー。


ロンドンへの出張も多い、Yojiさんは「ハロッズやフォートナムメイソンとか、ありきたりではないものを探してみました」とDRURYを選んでくれました。水色(すいしょく)が淡く、ダージリンらしい、さわやなかマスカットの香りが特長。紅茶は基本3分むらしますが、これは渋くならないうちに、2分半くらいが飲みごろかな。B.O.P.とはブロークン・オレンジ・ペコ。茶葉を砕いたものですね。
WEBショップもありました。→ドウルーリー





いつもその感度の高さに憧れている、Le Cafe Mamieのオーナー、Mamiさんの今回のパリ土産は、高級食材を扱うエリック・ブールのフレーバーティーです。まずは、このタグ、サシェがステキすぎます。これは絵を見るかぎりハス茶かな? フレーバーもやわらか、リラックスできるお茶です。レモン、ピーチ、ブルーベリー、バニラ、チェリー、シナモンなど、種類はたくさんあるみたい。パリのグラン・エピスリーなどで買えるそうです。





こちらもMamiさんより。コンサルをしているという、カリフォルニア発のコーヒー、紅茶チェーン「コーヒービーン」のものです。韓国や中国、東南アジアにはあるんだけど、まだ日本上陸は果たされていません(残念)。なかでも、Mamiさんおすすめは、「チャイ」。みてみて! シフォンのようなサシェの中に丸のままのカルダモンやピンクペッパー、砕いたシナモンやクローブなどのスパイス、茶葉が入っています。牛乳で煮出したくなりますが、ストレートで飲んでも、体が温まって、とてもおいしかった。余談だけど、アメリカの西海岸周辺の店では、コーシャー(ユダヤ教信者のための食事)対応のクッキーとかもあるみたい。肉料理など(マッツォボールとか??)は知っているけど、コーシャーなおやつって、どんなのか興味津々。




「ディーン&デルーカ」で目をつけていた、パッケージもかわいい「ハーニー&サンズ」。でも、ちょっと贅沢かな、えー、でもクリスマスだし買えばいいじゃんと、ひとしきり店内で脳内葛藤した挙句、買えずに帰って来たところに、プレゼントしてくれる人が現れた! 「Holiday」はオレンジと、クローブ、バニラで甘く、スパイシーな香り。赤ワインと一緒に煮出したら、ヴァン・ショーになりそうな調合です。「Paris」というのもあって、こちらはキャラメル&バニラ&ベルガモットの組み合わせ。ちょっと意外な組み合わせだけれど、甘ったるい中に、ほろ苦い柑橘系を合わせたフレーバーは、大人が美しい街・パリ♡というイメージにぴったりなんです。

そして、成城石井で一通りの種類がそろった「パッカ」は、イギリス生まれの、アーユルベーダをベースにしたハーブティーです。ピンクのパッケージがきれいな「LOVE」はオーガニックローズ、カモミール、ラベンダーで“心を温める”ブレンド。ジンジャーばりばりの「ThreeGinger」や「Vanila Chai」もおいしいです。

しばらく温かいお茶が必要な季節が続きそうだけど、みなさんのおかげで凍えないですみそう!

nice!(0) 

Nespressoがウチにもやってきた! (ジョージ―・クルーニーも一緒に来ないかな)





妹がクリスマスにネスプレッソをプレゼントしてくれました!





ちまたに増えるネスプレッソショップを横目に見ながら、「うちは、まだデロンギ君がいるからな…」と諦めていたところに、福来る、ですよ。

ネスプレッソって、カプセルを入れるだけでクレマのたった、エスプレッソが淹れられるというのもスゴイのですが、カプセルのカラフルさもツボ。メタリックカラーのカプセルがずらりと並んでいるだけで、そそられます。





ブレンドの中では「ローマ」、ルンゴの中では「フィネッツォ」がおいしかった。1杯80円くらいなんだけど、1日1回(2回かな?)くらい贅沢していいですよね。


nice!(0) 

サワー種を使ったライ麦パンを焼く! が今年の目標 [パン]



あけましておめでとうございます。

昨年の暑い盛りに、取材した柴田書店の「人気のパン★ヒットパレード」が昨年末発売になりました。担当したのは、大船の「カルヴァ」さんと代々木上原の「プーヴー」さん。営業中にもかかわらず、1日に数種類のパンづくりの工程を見せていただきました。同じ生地からいくつものパンを生み出す、創造力には脱帽です。





でき上がった本を見ると、やはり昨年、取材させていただいたツオップ伊原シェフの傑作、ライ麦パンにいろいろな具を重ねた「ミルフィーユ」が載っていました。材料欄に気になる文字。「粉末サワー種」。





昨年の取材時にも、「天然酵母やサワー種は品質を安定させるのがとても難しいから、市販品を使うのも手」と伊原さんはおっしゃっていました。酵母殺しの私です。2012年は、これ以上の殺戮を繰り返してはなりませぬ。で、本日、伊原シェフも使っている粉末サワー種を買ってきました。


近くに「ラルカンシェル」というパン屋&ケーキ屋ができ、昨日、初めてその店を訪れてみると、いい色をしたライ麦入りフランスパンがありました。見た目同様、とてもおいしかったことも、ライ麦パンを作りたい!という思うきっかけだったかも。


ということで、おいしいものができたら、All About「手づくりパン」でも紹介したいと思います。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。