So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

部屋の中で世界一周!できるスノードームについて [旅]

DSC_0239.jpg
「水やり」がいい出来栄えだった、モナコ、ベネチア、ニューメキシコ 

20歳の頃から、細々と続けている私のコレクションをご紹介します。
始めたころはスノーボールでしたが、今はスノードームと呼ばれることが多いようです。
年の瀬になると、水の減りが気になって「水やり」をします。
FBにあげたら、「生き物みたいだね」というコメントをいただき、「水やり」と呼ぶことにしました。

ほとんどが、人からのお土産です。最初は家族や友人がどこかに行くというと
「スノードーム買ってきて」と頼んでいたのですが、コレクション歴も数十年になると、
私が集めているのを忘れずにいてくれて、買ってきてくれる人が何人もいます。ありがたい!

今年のニューフェイス!

DSC_0230 (1).jpg

 

左から、イタリアンのシェフをしているMさんが買ってきてくれたプーリア州の”白い街”、オストゥーニ。
カメラマンのKちゃんは出張先から2つ買ってきてくれました。マラケッシュとタイ。
そして、旅関係の編集者、Hさんはノルウェー。

最近はドーム部分と台座がしっかりくっついていて、「水やり」できないデザイン。というか、水やり不要。

 

IMG_20141228_161751.JPG 
左から、ニューメキシコ、グランドキャニオン、後ろ左はアリゾナ、ヨセミテ公園

 

スノードームも時代によって、デザインが変わってきました。

こちらは2000年代の初期のアメリカ西部もの。なぜか台座が黒ばかり。
そして、青いラメが舞う。でも、デザインがやや雑。背景に絵が描かれているだけ。

 

DSC_0242.jpg
いくつあるのかあえて数えていませが、これだけではありません 

 

コレクションを始めたころの、白い台座に水色の背景が安っぽいスノードームも懐かしい。
3ドルくらいで買えたのに、今は7ドルくらいするんではないかな。

 

月並みですが、スノードームを見ているとちょっとした旅気分が味わえます。
自分で買ったものだと、いくら記憶力が弱っている私でも、旅の記憶は甦ります。
さてさて、来年行きたい場所を選びました!!

 

DSC_0231.jpg 
ノイシュヴァンシュタイン城、ニュージーランドのオークランド、カナダのバンクーバー

 

ドイツにはあまり興味が湧かないのだが、ノイシュヴァンシュタイン城は別。
オークランドとバンクーバーは夢の移住先候補!! 行ったことないから、まずは下見しなくては。
行けるかな、2015年に。

 

 

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

エスコヤマの気になるチョコレートはマニアな女子会向け? [スイーツ]

DSC_0137.jpg
3人で食べ比べのできる「Rozilla」の4種×3のボンボン・オ・ショコラ・コレクション「ショコラ・セミナー」(4,500円)

今年は兵庫県三田市にある「エスコヤマ」の小山進シェフに取材できる幸運に恵まれました。
目の前で話を聞くと、溶けそうになります。イケメンということもありますが、
仕事に対するパッションが火花を散らしている。ほぼ同じ年だというのに、あのバイタリティ!
ここ数年でパリのサロン・ド・ショコラで5タブレットを連続受賞。ロンドンのインターナショナル・
チョコレート・アワードでも金賞連発。すっかり気持ちが老け込んでいた自分が恥ずかしい!!

DSC_0132.jpg
東京での新作発表会に登場した小山進シェフ。熱いトークはいつでも健在 

お店は三田にしかなので、東京での知名度はまだこれからかもしれませんが、
なかなかお目にかかれないチョコレートに出会えるのが、「Rozilla」(路地裏+ゴジラの造語)。
奇想天外な発想でできあがるチョコレートは決して奇をてらっているだけではないのです。

私が好きなのは、万願寺唐辛子とプラリネの板チョコ、今回新作で発表された中では
「抹茶とパッション」(こがし醤油とか、こぶみかんの葉とか、小山シェフならではのフレーバー
の中でも一番ふつうに見えますが…)。この2つをうまく調和させるのは難しいと思います。 
かたや苦み、かたや強い酸味が際立つ素材。これをヘーゼルナッツのプラリネでうまくつなげています。

そして、新作だという商品の中では、「SENSE」をテーマにした2014年の品を3個ずつ収めた
「ショコラ・セミナー」が気になりました。その名の通り、チョコレートの
うんちくを語りながら、お茶やお酒を楽しめる大人のコレクション! 

チョコレートマニアの女子会にこんな気の利いたお持たせにいかがでしょう。 

★小山シェフのインタビューは「so good」12号に掲載されています。
 ご購入はこちら。 http://www.karyo.co.jp/cart/category.aspx?cid=290

 

 


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

美しいサラダを簡単につくるコツ [料理]

DSC_0202.jpg
こんな私も(それなりに)美しく、オシャレなサラダができました

今朝、サンタさん…ではなく、福井のワトム農園さんから小包が届きました。
サプライズ! 色とりどりの野菜と福井名産品いかのへしこのソースの入った
バーニャカウダセットでした!!

DSC_0225.jpg

黄色と赤のビーツ
紫と赤のラディッシュ
紫と白のにんじん
フィノッキオ
ロマネスコ
アイスレタス
リーフチコリ
レッドレタス
フェンネル
マスタードリーフ

風邪で体力消耗、気力も弱っていたところに、ワトムのお兄様2人からの
最高のプレゼント。実は先日、福井に行ったときには食事に招かれるという
幸運に恵まれたのでした。

DSC_0176.jpg
珍しい外国の野菜もたくさん作っているワトムさん。サンゴの形をした葉野菜もありました

パーティの準備をしながら、ワトム農園の佐々木さんに、どうしたらちょっと尊敬される
きれいなサラダをつくれるのか聞いてみました。葉野菜は芯の部分は使わず、
葉の部分だけ小さいひと口大に切る、といったお話をうかがったのですが・・・

私の結論。美しいサラダを(無骨ものの私が)作る近道は、ワトムさんのつくっている
ような美貌&美味な野菜を使うこと!!だと思うのです。女子会にアンディーブとか
チコリ持っていくと、ちょっと見直されるのです。 

DSC_0186.jpg 
デザートにごちそうしていただいたのは、ワトムさんの「まほうのトマト」のソルベ、ホイップクリームとエディブルフラワー添え

さらに、エディブルフラワーを使えれば上級者。 

紫とか、青とか、食卓にあまりない色の野菜を使うと、スタイリッシュなサラダができる!というのも
私なりにつかんできたサラダのコツなのであります。 

 


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

思わず毒づきたくなった、おいしくないケーキについて

久々のブログ。よし、今日から毎日書いてやる!…最低でも年内は。

その日は大嫌いな歯医者を済ませ、ッとしていた。
年内の診察は今日で終わり♪とちょっと浮かれてた。
だから、「あすこのケーキ屋、小さいけど人がいつも入ってるな」
と目星をつけていた店に入ってみることにした。

ショーケースを見た途端、「あああ」と落胆してしまった。
フルーツをたっぷりのせたタルトのお店らしいのだが、フルーツの切り方も
載せ方も乱雑で、絞ったクリームも完全にだれてるし、粉糖の振り方も均等でない。

ふだんは穏やかな性質の私である。でも、毒づかずにいられない。
なに、ここって手作り感で押したいの? ヘルシー感で売りたいのか?
だって生クリームにほとんど甘みがないんだもん。

ということで、日頃、腕の立つパティシエさんの仕事を見せていただいているうちに、
ワタクシ、辛口になっているのでは?とも思うんだけど、
「おいしければいいじゃないか」という考えでは、究極においしいものはできない!
仕上げまで神経を行き届かせるプロ意識がなければ。
だから美しいケーキはたいてい美味しいというのが私の持論です。

これはいろいろなことに通ずるので、自分への戒めとしても書いておきたかった
まずいケーキの話でした。 

 

 


nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。