So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブログテーマ変更しました! 映画を食べて、聴いて、弾いて楽しむ日々について書こうかな…と [お知らせ]

room with a view.jpg 

長らく(6年!)使っていたブログのテーマをこのたび「美味映画感」に替え、私の生活から切り離すことのできない「映画」と「食」、そして「映画音楽」についてツラツラ書いてみることにしました。

私の食いしん坊人生と映画好き人生のスタート地点はだいたい同時くらいです。小学5、6年の頃のこと。食いしん坊のスタートは「ジュニアクッキング」という子供向けの料理本との出会い。映画に目覚めたのは、日曜洋画劇場の「サウンド・オブ・ミュージック」で、当時はまだ、この2つが交わってはいませんでした。でもこの2つの間には、「美味しい本」というのがあって、「赤毛のアン」に出てくる“いちご水”とか、「若草物語」に出てくる“塩漬けライム”が気になってしかたなかったわけです。

三つ子の魂、百までと言いますが、そんな小学生はこんな大人になるわけです。おいしいものにつられて食べて、読んで、とうとう書くことになっていた! なかなか幸せな人生です。 

聴いて、弾く映画の楽しみは、私の年代の人なら身に覚えがあろう、親に「習わされた」経験の副産物。映画で流れるピアノ曲をエンドロールで特定し、楽譜を見つけたときのヨロコビ! インターネットのない時代の苦労が懐かしいほどです。

最初に突き止めたヨロコビの曲は、「眺めのいい部屋」の主人公ルーシー(ヘレナ・ボナムカーター」が、フィアンセのシシル(ダニエル・デイ・ルイス)の邸宅で開かれた晩さん会で、得意のベートーベンを封印して弾いたシューベルトのピアノソナタ第4番イ短調。https://www.youtube.com/watch?v=5PcIQC0lxxg

この演奏はだいぶルーシーとは違う! この曲は冒頭はルーシーがフィレンツェで弾くベートーベンのように、情熱的ですが、転調すると可憐な感じになります。 この曲はなぜかサントラには入っていません。サントラのハイライトは、やはりジョージ・エマソン(ジュリアン・サンズ)とルーシーがフィレンツェのポピー畑で・・・のシーンで流れる、「なんと美しい夢」(プッチーニ「つばめ」より)でしょうね。

「眺めのいい部屋」はジュディ・デンチ(M!)やマギー・スミスなど、英国の名優ずらりの映画で、私のオールタイム・フェイバリット映画です。ヘレナ・ボナムカーターもまだ、ティム・バートンの出会っていなかったせいか、清純派そのもの(今のヘレナも大好きだけど)。おいしいものは・・・あまり出てきませんが、イギリスやイタリアの食文化が垣間見られるシーンもあるので、きっとまた登場すると思います。 


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。