So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レストラン ブログトップ

北米発のbills Sydney ワイキキ店が3月29日にオープン [レストラン]

IMG_20140225_163735.JPG

バターミルクパンケーキ、フレッシュフルーツ、ヨーグルト添え。もう1枚あったら、なおいいな~

「世界一の朝食」「リコッタパンケーキ」のうたい文句がすっかり定着した「bills Sydoney」(ビルズあらため、シドニーがつきました)。意外かもしれませんが、初のアメリカ進出! 現在、日本には七里ヶ浜、横浜、お台場、表参道に4店舗あり、あとはロンドンのノッティングヒルにあります。

DSC_0618.JPG DSC_0612.jpg

ふわふわのバターミルクパンケーキにベーコンとバナナ。右はプレス発表会でウェルカムドリンクだったトロピカルフルーツとヨーグルトのスムージー(なの?)

アメリカ1号店をハワイに選んだのは、オーナーのビル・グレンジャー氏がシドニーと同じ「ビーチカルチャー」を感じたからだそう。初めての2階建て店舗は、Downstairs(1階)がサーフィンなどで遊んだ帰りにも立ち寄れる、サーフバーをイメージした造りに。ここでオーダーしてUpstairs(2階)でゆっくり食べるもよし、テイクアウトするもよし。テイクアウト(できないメニューもありなので注意)できるのも、ワイキキ店が初めて。」

IMG_20140225_163817.JPG

ワイキキ店限定アサイーボウル。アサイーがシャーベット状なのが新鮮です

ワイキキ店には限定メニューがあります。バターミルクパンケーキ(リコッタより、これのが薄くて、ふわふわで軽やかで好き)、シャーベット状のアサイーと自家製グラノラ(ヘーゼルナッツ、ゴマ、アーモンド入りで堅め)を入れたアサイーボウルなど。フレッシュフルーツとギリシャヨーグルトを添えた甘いパンケーキもいいけど、私はカリカリベーコンとバナナのほうが好みです。

ハワイの旅行の際は行列覚悟でぜひ訪ねてみてください♪

bills Sydney, Waikiki≫ (ハワイ時間2014年3月29日オープン)

280 Beach walk, Honolulu Hawaii (WaikikiのKalakaua Avenueのコーナー)

営業時間 1F:日~木6時~23時 金土~24時  2F:日~木7時~23時 金土~24時


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2011円でフレンチ! フランスレストランウィーク10月に開催! [レストラン]





「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」が今年10月4日~10日に開催されます。


「フレンチ=高い」「フレンチ=ハレの舞台」「フレンチ=プロポーズ」と、フランス料理の歴史が長い日本でも、いまだにこのようなステレオタイプなイメージを抱く人が多いようです。

パリも数年前からビストロブームに沸いているように、日本にも30~40代のシェフを中心に(ときには、ベテランシェフのセカンドラインとして)、料理も値段もカジュアルなビストロが増えています。

より多くの人にフランス料理に触れてほしい、そして東日本大震災から早く復興してほしい、との思いからフランス大使館、アラン・デュカスをはじめとするフランスのシェフたちが日本での開催を決めたこのイベント。

目標は関東、関西の500店舗以上のフレンチレストランの参加。期間中には、ランチを2011円、ディナーを5000円で提供します。まだ、参加を決めているレストランは少ないけれど、「タテル・ヨシノ」「エディション・コウジ・シモムラ」「ベージュ アラン・デュカス東京」など、ちょっと背伸びしなければ行けない店、池尻の「フレンチレストラン OGINO」、神楽坂の「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」とか、超人気のビストロに行ってみるチャンスです。

予約は、http://www.francerestaurantweek.com/
こちら。でも、予約開始は9月15日15:00~。待ち遠しいですね。ダイナースクラブの会員だと、9月1日から先行予約ができます。







さて、同イベントの記者発表は、東日本大震災から4カ月めの7月11日に、フランス大使館で行われました。上の写真の前列に座るのが下村浩司氏、三國清三氏、一番端がフランスでも星をとった吉野建氏。でも、おそらく会場の女子の注目をひとり占めしたのは、最後列の背の高い金髪プリンスだったはず。彼は、あの偉大なるシェフ、アラン・シャペルのご子息、ロマン・シャペル氏。昨年から、兄弟で父親の店を継いだそうです。日本にいたら、「お●いランキング」とかで、「ロマン・スマイル出ました!!」とか言われていたことでしょう。





瀟洒な大使公邸での記者発表後は、青山の「ブノワ」の料理を囲んでレセプション。乾杯のシャンパンは「ペリエ ジュエ」。





「ブノワ」のスペシャリテ、乳のみ子ブタの丸焼き。ごめんねー、でもおいしくいただいたので、成仏してください。


ブノワももちろん、レストランウイークの参加レストラン。10月が待ち遠しい!
 今から行ってみたいフレンチレストランのリストアップにいそしみましょう。
nice!(0) 

ビバ湘南! 冬のビルズもアツかった! [レストラン]

フードコーディネーターの野口英世さんと彼女のアシスタントさんと3人で、「世界一の朝食」を出すビルズに昼食に行きました。湘南ドライブですっかりいい気分!

さすがのビルズも赤レンガ店もできたし、海風が吹きすさぶ今なら、予約なしでも大丈夫だろうと訪れたら、「テラス席ならあいているんですが…」という、繁盛ぶり。陽気も穏やかだし、ビタミンDを補給する意味でも、日にあたりましょう!ということになったが、「本当によろしいですか?」と念を押される。




乾杯! 誕生日を祝ってもらいました。ふーぅ、いい気分。
そして、5分後。「アヂー!」と3人、ねをあげる。ここは、ホッテストな席でした。でも、負けない。




頼んだのはもちろん名物「リコッタパンケーキ」、そして「和牛のハンバーガー」など。
「フツーに(=かなり)おいしいよね♡」と言い合い、
暑さに負けず、食べまくりました。


まだまだ、続く湘南おいしいアフタヌーン。次は久々のサンルイ島
この時期はやっぱり、タルトタタン。
遠藤シェフの本を買ったけど、やっぱりこれはまねできません。




冬限定かな。注文から30分かかるスフレも頼みました。
レモン味。





隣のパン屋「ブレドール」でエシレバター入り食パンを買って、帰りました。
ごちそうさまでした。平日の湘南をドライブできた幸せ♪ ありがとう、神様


nice!(0) 

自由が丘のイタリアン「mondo」、うまし! [レストラン]



同業のSさんと、本当に久しぶりに会うことになりました。「どこ行く~?」「え~、どうしようっか…」という会話は私たちにはありえない! 常に頭の中には行きたい店がリストアップされている、日々食いしん坊の私たちです。

今回はSさんおすすめの,自由が丘の超隠れ家なイタリアンレストラン。お昼は3800円のコースが2種類。「地方料理」と「モダン」というわけです。

私たちは涼しげなメニューの「モダン」を選びました。あまりにお腹が空いていたので、写真を撮ることも忘れ、メニューが配られる前のつきだし「ズッキーニのミント風味アイスクリームと、ズッキーニのフリット」にはじまり、アユのコンフィ、ホタテのタルタルのパスタ、太刀魚と焼きトマト(Sさんの半熟卵と鶏のサラダ仕立ても、おいしかったです)まで、夢中になって食べてしまいました。



満腹になって、やっと写真。ブレブレです。
このデザートも面白かったです。マンゴーのクリームをこうして、ぐるぐるに絞り出した見た目もですが、カレー風味をあしらった驚きの組み合わせ。でも、どちらもインド特産!? むしろ自然な組み合わせ? というくらい、おいしかったです。

一軒家というのもいいし、こじんまりした清潔感ある店内もいいし、夢中になりそうです。

nice!(0) 

念願の広尾のイタリアン「ACCA」に行ってきました [レストラン]

ACCAが広尾の商店街のはずれにできてから、もう12年年が過ぎてしまいました。何度も「行こう!」という話が出たのに、予約がとれない、ちょっと高いとかを理由に行きはぐっていたのです。昨年の夏に「熟成肉の取材をしたから、やっぱり食べに行きたい!」というライター仲間の訴えに、ACCA熱再燃。熟成肉とは、名前の通り寝かせた牛肉です。「切り分けると、じゅわーっと血がにじみでるのぉ」という彼女の熱い語りは頭の中でリフレイン。熟成肉は冬が本番との情報を得て、夏と秋をやり過ごし、とうとう先日、予約をとって仕事仲間4人で訪れました。メニューはおまかせのみ。この日は8品構成でした。「熟成肉は仕入れ次第」と言われていたので、果たして、夏から恋い焦がれた君に会えるかドキドキして、説明を待ちました。そのメニューは以下の通り。
①野菜、豆、麦入り田舎風ズッパ、②鴨肉と4種のチーズを使ったチーズパイ、③トマトのパスタ(本当はカキとカラスミの冷製パスタでしたが、カキはこの日、控えたくて変えてもらいました。すごくおいしかった!)、④キタ~!但馬牛熟成肉のタルタル、黒トリュフ添え、⑤あんこう入りトマトソースのピーチ(細いうどんのような手打ちパスタです)、⑥とろとろに煮込んだ下仁田ネギ、⑦じゃがいものニョッキ、⑧但馬牛熟成肉(またまたキタ~!)のテール煮込み。デザートは温かい黒トリュフ入りプリンの上にフレッシュなイチゴと、バニラ粒たっぷりのジェラート添え。
グラスシャンパンではじめ、トスカーナの赤ワインを2本飲んで、1人2万円でお釣りが来ました。思ったより、ずっと家庭的な味ばかりで、「もしもカッコイイ料理ばっかりだったら、どうしよう…おなかいっぱいになるかな」という不安は一掃されました。本当に、お値打ちディナーで大満足。一生懸命、働いてまた行きたいです。照広くん(私たちがいただいた血統書つきの子牛。享年3歳)、ありがとう!!
nice!(0) 

ジビエシーズンを思い出す@ブラッスリー・オザミ [レストラン]

新型インフルエンザや990円ヒートテックに目を奪われ、すっかりジビエシーズンが到来していることを見逃していました。有楽町フォーラムで12月25日まで開催されている、ストラスブールの「マルシェ・ド・ノエル」をのぞきにいったときのこと・・・・・屋外に設置された薪オーブン(?)で焼かれるタルト・フランベやシュークルート、アルザスワインなどが楽しめるフードコートや、コウノトリ刺繍のリネンなど雑貨を売る屋台が10軒ほど並んでいますが、昼間はちょっとさみしいかんじ。夜に行くと、楽しいかもしれません。

詳しくは→ www.t-i-forum.co.jp/noel



さらっと、マルシェを流し、寒さに負けて昼食は近くの「ブラッスリー・オザミ」でとることにしました。限られたスペースに、結構ぎゅーぎゅーにテーブルが置かれているのですが、それがまた逆にくつろげる雰囲気の店で、フランス度も高いです。オフィス街にあるので、日替わりランチが1050円とお手頃で、オープン当初に取材に伺って以来、たびたび訪れている銀座エリアのお気に入りです。この日、ランチのマグロの網焼きを食べていると、鏡に厨房の中で小動物を持ち上げる羽立シェフの姿が見えました。振り返ると、ウリボウ! そうだ! 気づけばジビエシーズンでした。イノシシは食べたとたんに体がホカホカとする、この時期、おいしいメニュー。ウリボウはその後、シェフの手によって、手際よく皮をはがれていきました。ウリボウのほかにも、シェフが自ら仕留めたカモもいました。

同店のHPを見たら、「トリュフ大量入荷しました」との告知も! しまった!!トリュフのシーズンでもありました。年が明けたら、さっそくジビエ&トリュフをオザミに食べにいきたいと思います。

ブラッスリー・オザミ 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F 03-6212-1566  http://www.auxamis.com/brasserie/


nice!(0) 

ヴェジタリアン生活も悪くなさそうです [レストラン]

本日はヴェジタリアンの友人とお昼ごはんを食べました。もちろん生まれつきヴェジタリアンではないわけで、今も肉以外なら、魚や卵も食べています。「体は変わった?」「変ったね。善玉コレステロールが増えたし、今や肉を食べると調子が悪くなるよ」。

最近はマクロビオティックのメニューをきっちり提供するカフェもあれば、オーガニック素材にこだわったレストランも増えました。中目黒の野菜を使った超人気ケーキ屋さん「ポタジエ」の取材にうかがったときも、キッチン内にあふれんばかりの野菜があって、スタッフの皆さんの手元を見ると、みんな野菜で作業をしていたような印象でした。この間も、新しくできたオーガニック野菜を使ったカフェにうかがいましたが、「よくぞ野菜だけで、ここまでおいしいごはんになりましたな・・・」というメニューが目白押しでした。シンプルですが、野菜そのものがおいしいので(もちろん料理をする人のセンスも抜群ですが)、食後は満ち足りた、いやそれ以上にエネルギーがわくような感覚がありました。

さて、ヴェジタリアンの友人と今日はどこに行ったかというと、東銀座のレトロなビルの2階にある「アヴォートルサンテ エンドー」です。マスターがいて、厨房にはベテラン世代の料理人さんが3人。友人は、念願の明太子のクリームスパゲッティを選びました。和風な仕立てが多い明太子スパですが、このお店のは生クリームベースのソースを敷いた上にスパゲッティーニ、上に泡立てたクリーム(かな?)と合わせた明太子がポワンとのっているのです。トマトクリームスパゲティを初めて食べたときに覚えた驚きの倍くらい驚くような、ミスマッチでベストマッチな味でした。

私が食べたのはこれ。「ポパイ&オリーブカレー」です。これ、泣かせるんです。私の妄想ですが、マスターはお客さんを喜ばせせようと、インパクトのあるカレーにアイデアを絞り、見た目も楽しく、ボリュームもあって、ちょっと話題になりそうなこのカレーがつくったわけです(もちろん、私の妄想)。甘みたっぷりのひき肉入りカレーの上にきれいに並んでいるのは、ゆでたまご、ゆで海老、もやしやホウレンソウの入った野菜炒め、そしてグリーンオリーブです。食後のアイスコーヒーもなんとなく丁寧に淹れている感じがして、とてもおいしかった。今度は夜、ワインを飲みに行ってみたいと思います。
nice!(0) 
レストラン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。